新入社員対談

イー・ファルコンってどんな会社?どんな仕事をしているの?1年でどんなふうに成長できた?
新入社員が対談で本音トーク。自分たちの過去・現在・未来を語り合います。

[新入社員:中尾・三浦・石村・野川]

人の可能性を信じる。
その考え方に共感して入社を決めた。

三浦: イー・ファルコンに入社を決めた理由は何?

石村: 私は面接のときの印象。他の会社は、ただ一方的に知りたいことを聞いてくる感じだったけど、イー・ファルコンの面接では、私の気持ちやその背景まで聴いてくれて、対話の中で気持ちが固まってきました。

野川: 私は適性検査の結果をフィードバックしてくれたことがきっかけです。大学で心理学を学んでいて、人の内面についてはもともと興味があったけど、eF-1Gで自分でも知らなかった内面を知ることができて衝撃を受けました。これを広めたい!と思ったことが入社を決めた理由ですね。

三浦: 僕も野川さんと同じように適性検査がすごい、これを使って人のためになる仕事がしたい、と思ったことが志望の動機。それと、イー・ファルコンの先輩たちと話をしたときに、ぜんぜん違和感を感じなかった。

中尾: 価値観があっていたんでしょうね。私は「パーソナリティに良い悪いはなく、活躍の場は誰にもきっとあるはず」というイー・ファルコンの考え方に共感しました。また、二次選考でプレゼンテーションをしたとき、社員のほとんど全員が集まって私の話をしっかりと聴いてくれて感激!
温かい会社だなと思いました。

三浦: 確かに。入社してから、さらに温かさが伝わってきた。

野川: 同感です。

石村: 私も。

仕事は違っても
早く自立したいという気持ちは同じ。

石村: 私は主に既存顧客の採用支援、三浦くんは新規顧客の問い合わせ窓口を担当しているし、中尾さんが海外事業部で、野川さんが経理。仕事内容は違うけど皆頑張ってるよね。

三浦: 営業に行って、分析して、提案資料をつくってプレゼンする。これが仕事の一連の流れだけど、覚えることが多すぎて今は勉強中というところかな。でも、今までできていなかったことが、気づかないうちにできるようになっていると、ちょっとうれしい。

石村: 私も、営業から分析、提案と施策の実施まで一貫して行っているけど、まだ今は先輩のお手伝いのレベル。お客さまが求めている方向を把握して、社員も会社もWin Winな関係を築けるような提案をできるように勉強中。

中尾: 私は今、海外チームにいるのでマーケティング調査がメインの仕事。地域に捉われず新しい候補となる海外の市場を開拓していくための調査をしています。WEBでいろんな記事を見たり、各国の経済状態を調べたり…。

石村: 何だかおもしろそう。

中尾: そう。毎日が楽しくて。

野川: 私は縁の下のサポート的な仕事がしたかったので、経理の仕事が適職だと感じてる。会社の人たちがお客さまとやりとりした結果を数字で見られるので、「皆、頑張ってるな」と思うとうれしくなりますね。

三浦: ところで皆さん、目標ってありますか? 僕はイー・ファルコンの一員としてしっかり自立することが当面の目標。もうすぐ後輩が入ってくるので、ちょっとあせってはいますが…。

石村: 2年目以降はプロジェクトリーダーになることもあるので、ミスなくきちんと終わりまで持っていけるように、流れや典型的なパターンを習得したいですね。あとは、お客さまを訪問したときに、私たちが目指している世界に近づけられるよう、話し方を学びたい。

中尾: 私もプロジェクトを推進していけるようになることが目標。電話での問い合わせにも、すべて自分で答えられるようになりたいです。

野川: 私は経理として一連の管理をしている上司の業務を引き継げるくらいのスペシャリストになることが目標。現在のイー・ファルコンでの経理のやり方を学びつつ、いずれはシステム化していけるよう勉強中です。

学べる仕組みがたくさんあって
確実に成長できる。

石村: イー・ファルコンの先輩たちって、すごく丁寧に教えてくれるよね。忙しいときでも、ベテランの人にも、質問しやすい雰囲気がある。それにオフィスがフラットでしかもフリーアドレスだから、その日近くに座った先輩と話ができるでしょう? 隣が社長や役員だったりすると、会社の大きな決めごとの話が聞けたりして、ちょっとびっくり。

野川: 専門性が高い人が多くて、それぞれの人がたくさんの経験の中から生み出した独自の技を持っている。そんな先輩たちから学べるんだから、私たちは恵まれてますよね。

中尾: 本当に優しい人が多くて何でも教えてくれる。逆に「甘えちゃいけないな」と思えるくらい。

三浦: それに毎年、適性検査で自分の成長を確認できるところがいいよね。

石村: 自分の成長を自慢したり、なぜこうなったか背景を話しあったり。見える化とできる化の軸があって、それが仕事内容と結びついていくのも興味深い。

中尾: 短期目標も具体的にアクションや数値で設定できるよね。予め決められているわけではなく自分で設定できるのでモチベーションが上がるし。

三浦: 自分の成長を信じられる環境があるからこそ、確実に成長していけるんだと思う。

Entry Form

エントリーフォーム