MENU

ツールから探す

サービス詳細1

行動調査・360度調査(360Plus)

行動調査・360度調査(360Plus)とは

企業の期待を伝え、行動の実態を把握できる調査です。社員の自律的な成長を促し、組織力を最大化する、戦略構築を支援します。

特徴

① 成功者の行動原則から見る5つのサイクルモデル

業種業態に関わらず、ハイパフォーマーの行動原則として、所謂PDCAサイクルが習慣となっていることが、これまでの数多くの企業様での実践を通じて見出されました。この行動原則をモデル化したのが、5つのサイクルモデルとなります。

上段からTop層(執行役員、事業リーダー)に求められる「S.事業運営力」、中段がMiddle層(部課長、現場リーダー)に求められる「A.指導育成力」「B.業務執行力」、そして、基底部に若年層を含むStaff層(現場担当者)に必要となる「C.関係形成力」と「D.業務遂行力」の5つに整理しています。

それぞれが、サイクルを成しています。例えば、 関係形成力では、  1.伝える→2.受け止める→3.合意を図る→4.協働する→5.関わりを深める といったサイクルがあります。取り組んでみて、上手くできたことを強化し、失敗から学び繰り返さないというサイクルを回して、スパイラルアップ的に成長することが成功への道筋となります。

② 行動を支える要因(性格)も交えたフィードバックによる深い気付き

両者を分ける判定基準

これまでの360度調査では、行動面の測定に留まりますが、行動は結果であるためにフィードバックが良い悪いの「判定」として受け止められがちになる課題がありました。「360Plus」では、性格面を合わせて測定することによって、この課題を解決しています。

フィードバックシートでは、縦軸に360度調査から得られる行動面の高い/低いが、横軸にはパーソナリティ(性格)面から見た行動の得意/不得手が表示されます。

この例で見ると、性格面から言えば得意だが、行動が低い(できていない)①の領域にある「C-4.協働する」は、素養があるのに発揮できていないと解釈することができます。すなわち、行動変容しやすい、取り組みやすい事項であることが分かります。

逆に、性格面からは不得手だが、実際の行動は高い(できている)②の領域にある「C-5.関わりを深める」は、今のところ上手くできているものの苦手感があるため、無理をしながら取り組んでいると読み取れます。つまり、油断してはいけない事項と捉えることができます。

このように、行動面だけでなく、性格面を合わせて把握することによって、一歩深めた解釈と気付きを得られ、強み強化と弱み克服に向けて、より実践的な方策を導くことが可能となります。

③ 貴社固有の測定項目へのカスタマイズが可能

貴社固有の測定項目を自由に取り込んで、フィードバックシートをカスタマイズすることができます。また、目的に応じた適切な測定項目の設計も支援いたします。

効果

【人材育成】

  • ・マネジメント層、現場リーダーを対象としたフィードバック研修による人材育成
  • ・若年層向けの行動習慣定着

【人材発掘】

  • ・次世代リーダー、女性リーダーの発掘
  • ・人事から見え難い現場で埋もれたタレントの発見

【理念浸透】

  • ・企業理念、行動方針の認知と定着・浸透

【人材の評価、登用】

  • ・上級管理職、現場管理職、現場リーダーの評価および登用検討
  • ・ビジネス行動スキルの体現確認

お問い合わせはこちら

CONTACT US
株式会社イー・ファルコン コーポレートサイトPAGETOP

© e-Falcon Co.,Ltd All Rights Reserved.