MENU

ツールから探す

サービス詳細6

内定辞退防止プログラム

プログラムとは

採用候補者の入社動機を醸成して、意思決定を促します。リクルーターや面接官との相性を明らかにして、信頼の獲得を支援します。

特徴

内定者が承諾を決める大きな理由の一つに、リクルーターや面接官が良かったからというものがあります。その内実を探ると、自分を認めてくれた、褒めてくれた、相性が良さそうということがあげられます。ここでご紹介する内定辞退を防止する施策はこうした「相性」を応用したものとなっています。

①採用時のキャッチトーク集づくり

適性検査eF-1Gの受検結果として分析される「学びスタイル」「仕事の動機」「役割志向8タイプ」を駆使して、採用候補者の心を掴むキャッチトーク集を作成します。標準パッケージでも活用可能ですが、自社資源の強みや自社らしさを表現に加えることによって効果を高めます。

②面接官、リクルータートレーニング

面接時や他者と接する際に、自分の色眼鏡で人材を見てしまうバイアスが誰にでもあります。革新派の採用候補者を見るときに同じ革新派は共感できる発言も親和派は拒絶となってしまうことがよく見られます。

面接場面で生じがちなバイアス

こうした自身の人材を見るクセや相手での組合せによって生じやすいバイアスは適性検査eF-1Gを受検することによって発見することができます。

こうした自己理解を通して、人材の強み弱みを偏りなく見るための視点と人材を惹きつけるためのキャッチトークを面接場面に織り込むためのロールプレイを実施します。

③採用候補者とのマッチング

面接官と採用候補者の相性を事前に確認することによって、相性の良い組合せでマッチングできると、さらに効果的です。

効果

  • ・面接官の人材を惹きつける力を高め、内定辞退の低減を実現
  • ・二次的な効果として、自分と異なる相手への動機づけができるようになるため、社内でのコミュニケーションやマネジメントの向上にも効果あり

お問い合わせはこちら

CONTACT US
株式会社イー・ファルコン コーポレートサイトPAGETOP

© e-Falcon Co.,Ltd All Rights Reserved.