MENU

ツールから探す

サービス詳細7

課題解決型組織構成

課題解決型組織構成とは

現行組織の人材構成上の課題を適性検査を用いて表出し、組織が機能するためのマネジメント方針や人員の増減案を計画します。

特徴

適性検査eF-1Gの結果から算出される組織の中で好む役割から分類される「役割志向8タイプ」によって、人材構成を見える化します。 事が新たに生まれて、育ち、成熟していく過程(例えば、新規事業構築、新商品開発、仕事での新しい取り組みなど)に、位置づけることができます。

この役割志向8タイプの構成を、全社、組織別、職位別、年代別等で確認することによって、企業のビジネスモデルや組織ミッションを推進しやすい人的構成になっているのか、職位間や世代間のギャップが生じていないかを検討することができます。

上記の分析結果から見える各社の強みと弱み

 特徴強み弱み
A社 最適グループが多い
・B2Bメーカー、公共系
・B2C安定企業
決まった仕事を正確に進める
適:定型業務、受注生産、BPO、新サービス開発
革新的発想、発展的思考が生まれにくい
実行が遅い
不適・新商品・新サービス・新チャネル開発
B社 ゆらぎ化グループが多く、発展化、最適化も、一定数が存在する
・B2C成長企業、広告代理店、商社
新しい発想が生まれやすく、それが形になる
適:新規事業創造、新商品・新サービス開発
社内対立、組織不協和の可能性あり
不適:会社での組織統率、合意形成、理念浸透
C社 発展化グループが多い
・営業、販売、飲食系(成長企業)
IT成長企業(ビジネスモデル確立後)
組織に勢いがあり、実行が素早い
適:営業拡販、チャネル開発、多店舗拡大
イノベーションが生まれにくい、仕事が雑になる
不適:新規事業創造、品質管理
A社
特徴
最適グループが多い
・B2Bメーカー、公共系
・B2C安定企業
強み
決まった仕事を正確に進める
適:定型業務、受注生産、BPO、新サービス開発
弱み
革新的発想、発展的思考が生まれにくい
実行が遅い
不適・新商品・新サービス・新チャネル開発
B社
特徴
ゆらぎ化グループが多く、発展化、最適化も、一定数が存在する
・B2C成長企業、広告代理店、商社
強み
新しい発想が生まれやすく、それが形になる
適:新規事業創造、新商品・新サービス開発
弱み
社内対立、組織不協和の可能性あり
不適:会社での組織統率、合意形成、理念浸透
C社
特徴
発展化グループが多い
・営業、販売、飲食系(成長企業)
IT成長企業(ビジネスモデル確立後)
強み
組織に勢いがあり、実行が素早い
適:営業拡販、チャネル開発、多店舗拡大
弱み
イノベーションが生まれにくい、仕事が雑になる
不適:新規事業創造、品質管理

効果

現状組織の人的構成上の課題を発見し、人事活動に戦略性を持たせます。

【採用】

  • ・これから強化・拡充すべき人材タイプの特定
  • ・応募者のタイプに応じた惹きつけによる内定辞退防止
  • ・相性によるバイアス(自身と同じタイプがよく見えること)を防ぐための面接官トレーニング

【配置・異動】

  • ・組織ミッションを達成しうる人材構成に向けた組み換え

【コミュニケーション対策】

  • ・部署間、階層間、世代間の違いを認識した、コミュニケーションのあり方対策

お問い合わせはこちら

CONTACT US
株式会社イー・ファルコン コーポレートサイトPAGETOP

© e-Falcon Co.,Ltd All Rights Reserved.